デジモノ達人

PCやスマホなどデジタルな情報を気ままにご紹介!

8月1日に行われるビットコインの投票BIP148は暴落か急騰どちらとなるか

2017年8月1日(或いはそれ以前)にビットコインは運命の日を迎えます。
ビットコインはコインの転送に関していくつか問題を抱えています。
この問題については長らく議論されてきましたが答えが出ずに来ています。
問題を解決するための方法としてBIP148と呼ばれる案件の採択が8月1日に行われます。

8月1日に行われるビットコインの投票BIP148は暴落か急騰どちらとなるか

ビットコインはコインの転送に問題を抱えています。
今まで問題を解決するためにSegwit(セグウィット)と呼ばれる方法で解決できないか模索してきました。
Segwitに関して議論をしているうちにビットコイン以外でのSegwitを採用する仮想通貨が出てきました。
特に2017年に入りSegwitを導入する仮想通貨が増えてきており、ビットコインへの採用する話が加速していきます。

Segwitを採用する上での問題点

ビットコインは長らく仮想通貨としてのアップデート(ハードフォーク・ソフトフォーク)をしておらず、何度もアップデートを拒否してきた歴史があります。
Segwitの採用が長く遅れているのもその例の影響だと考えていますが、コインの転送が遅い事は仮想通貨として致命的な問題となります。
※実際には採用まで長く時間が掛かっているのは開発者側と採掘側の意見対立など複雑な理由があったりします。
この為、開発者側は多少強引な手段として2017年8月1日~2017年11月15日の真夜中の間にSegwitの有効化を検討しています。
この有効化の案件がいわゆるBIP148と呼ばれております。

さて、Segwitを採用する上での問題点について説明します。
正直な所、Segwitを導入することは利点が多いです。
まずコインの転送に関してはデータ圧縮や転送量の増加などでコインの決済はスムーズになります。
それと同時にコインの転送が楽になり手数料が割安となります。
Segwit導入が成功するとビットコインの付加価値が高まります。

では何が問題かと言うと、ビットコインは今回のアップデートを行う場合にコインが二分化されます。
アップデート後は一時的ながらも新ビットコイン・旧ビットコインに二分化されます。
これは2016年にあったイーサリアムのハードフォーク騒動に似ております。
イーサリアムの場合はETHとETCに二分化されてしまい、現在ではどちらの通貨も存在する状況です。
このような仮想通貨が二分化される問題点が大きい代償として存在しており、ビットコインの価格が急落するのではとも言われてます。

ビットコインが二分化される場合、8月1日以前にBTCを保有していると...

もしアップデートが行われてビットコインが二分化した場合の話をしていきます。
嬉しい事ですが、8月1日以前からビットコインを保有している人は新ビットコイン・旧ビットコインの両方が手に入ります。
例えば1BTCを保有している場合、新ビットコイン1BTC/旧ビットコイン1BTCを手に入れることになります。
これは良い意味ではちょっとお得に思えます。しかし、通貨としては一時的ながらも混乱状態になります。

アップデート後はしばらくビットコインが二分化される事でコインの価格が曖昧になります。
例えばですが新ビットコインが価格比率8割、旧ビットコインが価格比率2割となったり、五分五分になるかも知れません。
このように価格の乱高下が行われると、しばらく市場は混乱します。

8月1日までにビットコイン保有者がすべきこと

難しい表現を避けて分かりやすく説明をしてみましたが、アップデートに対して不安視されている方は居るかと思います。
もしあなたがビットコインを保有しているなら今のうちに出来る対策があります。

  • ビットコインは取引所ではなくウォレットで保管しておく
  • アップデート後はしばらくビットコインの取引を控えて静観する
  • 特にアップデート直後はビットコインの送受信を控える

アップデート後のビットコインは不安定になります。
8月1日までにビットコインはウォレットでの保存をしておくことが大事です。
可能な限り取引所に預けることは控えることが推奨されます。
また、同じ理由でアップデート後に関してはビットコインの取引は控える方が良いでしょう。

過去の事例:ETHとETCの場合

2016年に行われたイーサリアムのハードフォークに伴う通貨の二分化の時の例を紹介していきましょう。
まずこの時もイーサリアムの保管はウォレットが推奨されており、アップデートの取引は控える方が良いとされました。

ETHの価格

上記は2016年6月~10月のETHのチャートです。
ハッキング騒動のあった6月に月に大きな下げがありますが、その後は10月まで上下を繰り返しながら下がっています。
10月終わり頃の大きな反発からは切り返す形で価格が上昇していきます。

ETHはDAOのハッキング騒動後、ハードフォークが決定します。ハードフォーク以前に大きな問題が起こっていたので価格はかなり下がっていました。
ハードフォーク後も更に拍車を掛けて下がる自体となり、売りが売りを呼ぶような感じで「もうETHは終わった」ような空気までありました。

なお、6月の高値21ドルから10月の安値6ドルあたりまでを見ると数ヶ月で70%前後の下げになります。これは強烈に覚えています...

ETCの価格

一方で、二分化された中でも旧ETHとして扱われたETCはアップデート後から3日間連続で急騰。
しかし、その後はどんどん値段が下がっていきました。

アップデートは乱高下が予想される。しばらくは静観すべき

ビットコインが同様な状態になるかはわかりませんが、ハードフォークにより通貨が二分化されたイーサリアムは大変でした。
ある意味で2016年後半のイーサリアムは悪夢ような状態でした。
同じことが繰り返されるのかは分かりませんが、通貨が二分化すると言うのはリスクがあることは分かって頂けたと思います。
このような先の事例を参考にすると、アップデート後は相場がかなり荒れると考えられます。
長いと2-3ヶ月は乱高下を繰り返す可能性があります。

皆さんへ管理人からのお願い

皆さんへ管理人からのお願い

このサイトは皆さんに無料で有益な情報をご提供しています。
時にはお金を使って有益な情報を提供をしています。
その他にも、サイト維持費として毎月数千円が掛かっています。
今後も皆さんに有益な情報を提供する為にほんのわずかなご寄付をお待ちしております。
ご寄付は下記のウォレットコードにお送り下さい。

BTC:1H3g4b1E4kzWKPSTsCBvx6gwHVXXudYzfM

ETH:0x36bda176d406de0ba6251ec810724b07b4f24576

また、下記のバナーを押して貰えると助かりますm(_ _)m

-ビットコイン, 仮想通貨
-,