デジモノ達人

PCやスマホなどデジタルな情報を気ままにご紹介!

Radeon RX480と最近のイーサリアム事情

1282fd2e

Radeon RX480が先月発売しました。海外及び国内の価格は当初予定していた価格よりも若干高め。
199ドル(2万2000円前後)で購入できると思っていましたが、それは夢の話で終わりそうです。
さて、発売が1ヶ月も経過しており、Radeon RX480のマイニング情報が色々あります。
今回はその情報を紹介していきます。

Radeon RX480と最近のイーサリアム事情

Radeon RX480について紹介をする前に最近のイーサリアム事情について紹介します。
ハードフォークが無事に成功したと思ったイーサリアムですが、何かと話題が尽きない感じです。

最近のイーサリアム事情

まず最初に触れるべき点としてはイーサリアムの価格についてです。
ハードフォークが無事に完了したイーサリアム。
価格としては最安値から3割程度の上昇をして2016年7月下旬の時点で1ETH=13ドル前後です。

イーサリアム・クラシックの登場

1-nIUazw_u3KChCX89fLgLDg

ハードフォーク後のイーサリアムは今まで通りETHとして扱われます。
しかし、ハードフォーク前のETHはイーサリアム(ETH)とイーサリアム・クラシック(ETC)に分かれています。
イーサリアム・クラシックはハードフォーク前の仮想通貨なので人気も何も駆逐されるはずかと思ったら、発表から数日で価値が300%上昇。
無視できないような通貨価値を持つこととなり、良くも悪くもイーサリアム全体に影響を与える存在になりました。

最低価格からは脱出した感じ

何かと話題が尽きないイーサリアムですが、取り敢えず1ETH=10ドルの最低価格からは脱出した感じです。
今後は1ETH=12~13ドル前後で推移する感じでしょうか。取り敢えず、何か問題が起こらないかぎり再び10ドルまで下がることないでしょう。

イーサリアム・クラシック(ETC)の動向に注目

イーサリアムの価格は12~13ドル前後で推移するとして、価格動向が気になるのはイーサリアム・クラシックです。
イーサリアム・クラシックはBTC換算で発表から数日で0.0012BTCから0.004BTCまで上昇しました。
最初に100万円投資していた人は約300~400万円程度までは増えたはずです。
このように値動きが激しい仮想通貨はFXのような海外為替投資よりも危険な面はあるものの、魅力的だと感じる方は多そう。

もしイーサリアム・クラシックがイーサリアムと同じ価値を持つのだとしたら1ETH=0.02BTCあたりと同じ水準まで高騰します。
イーサリアム・クラシックの価格は7月28日時点で1ETC=0.002~0.004BTCあたりなので5倍~10倍の価値を持つ可能性はあります。
今後のイーサリアム・クラシックの動向には注目ですね。

Radeon RX480について

1282fd2e

話を戻します。Radeon RX480を使ったイーサリアムのマイニング(発掘)についてです。
Radeon RX480は消費電力150Wでハッシュレートは22~24MHsです。
Radeon RX480は性能面ではトップクラスであり、消費電力に対するコストパフォーマンスでもトップクラスです。

これからマイニングするのであれば魅力的な1台

Radeon RX480の価格を考えず、マイニング用のGPUとしてはトップクラスです。
22~24MHsのハッシュレートを持つのは以前であればRadeon R9 380あたりです。
Radeon R9 380の消費電力は180~190W前後です。ワットパフォーマンスではRadeoon RX480の方が上になります。

性能面以外でもRadeon RX480はピンが6ピン~8ピン1つで構成されており、2枚使っていてもピン構成は6ピン~8ピン2つで済みます。
PC電源に付属するGPU用ケーブルが少なくても使いやすいです。

価格が悩みの種

唯一の悩みはRadeon RX480の価格です。7月下旬におけるRadeon RX480は3万2000円前後です。
日本ではRadeon RX480は8GB版しか登場する予定がなく、当初2万円台で購入できるはずの4GB版Radeon RX480は入手できません。
個人的には購入を前向きに考えていましたが、価格や8GB版のみの存在を考えて購入を踏みとどまっています。。。

Radeon RX480の採算を計算してみた

Radeon RX480でどれぐらいマイニング出来るか計算してみました。
条件として1ETH=13ドル、GPUの消費電力150W、1kwh=25円で計算しています。

1日 ... 報酬 0.17ETH(2.24ドル), 電気代 0.90ドル, 収支 1.34ドル
1週間 ... 報酬 1.20ETH(15.66ドル), 電気代 6.30ドル 収支 9.36ドル
1ヶ月 ... 報酬 5.16ETH(67ドル), 電気代 27ドル, 収支 40.10ドル

1ドル=105円前後で計算すると1ヶ月で4,210.5円の収益です。8ヶ月前後可動させればトントンですかね。
発掘が終わったRadeon RX480を中古買取・売却するとしましょう。
その場合、2万5000円前後で売り払えれれば総額で2万円~3万円は黒字になりそうです。全体的に見ると良い利益ですね。

Radeon RX480を買うなら玄人志向がオススメ

さて、Radeon RX480は魅力的な1台である事は何となく理解してもらえたと思います。
購入についていくつか注意点があります。まず、現状においてはオリジナルファンを搭載したRadeon RX480は高額です。
投資額の節約の為にも安いRadeon RX480を複数使うマイニングがオススメです。
コスパを考えた場合は玄人志向から出ているRadeon RX480がオススメになります。
他のメーカーよりも1台3,000円~5,000円程度安いので複数購入で1万円ぐらいはお得になります。

アップデートを必ず行うこと

些細な注意点ですが、Radeon RX480は初期ロット時に不具合がありました。
消費電力が150Wより高めになっている不具合です。これはAMDのドライバをアップデートすることで解消できます。
購入後は必ずドライバのアップデートを行って、最新のドライバを使って下さい。

-イーサリアム, 仮想通貨
-, , ,