デジモノ達人

PCやスマホなどデジタルな情報を気ままにご紹介!

Ethereum 2016年7月の発掘収支

7月のイーサリアム発掘収支をご紹介。
今月は細かい調整や電気代プランを変更。
長期的な発掘を検討しており、低コストながらも採算が取れそうな発掘を開始しました。

Ethereum 2016年7月の発掘収支

07

発掘数

約33ETH

ハッシュレート:160~200MH/s

ETHの売却益

45,110円

予想電気代

1時間:1800W

1時間:25.2円 ※1000W = 14円と想定

10時間:252円

1ヶ月:7,560円

雑感

今月から電気プランを見直して、夜間の10時間~12時間のみ1000W=12~14円の電気代になりました。
夜間はとても安いですが逆に昼間は電気代が上昇するので、その時間はマイニングをお休みします。
これにより、海外ほどではありませんが低コストな電気代で効率のよい発掘が出来ます。
電気プランの見直しにあたり、24時間採掘と10~12時間採掘どちらが効率が良いか計算しています。
短期的には24時間採掘が効率が良いのですが、Radeon R9 270Xなどの旧型のGPUだと夜間のみの採掘だと効率が良いです。
旧型のGPUは消費電力が高すぎて効率が悪いのを電気代の安さが相殺します。
Radeon RX480など電源効率の良いGPUであれば特に気にすることなく24時間採掘でOKです。
短期的に稼いですぐにGPUを売り払うのが良いでしょう。

このような電気プランの見直しを検討したのは先月のDAO騒動が大きいです。
イーサリアムの価格が下落して短期的には24時間採掘をしていると赤字になる可能性が出ました。
その為に効率の良い方法を模索して電気プランの見直しを思いつきました。
稼働時間と報酬のイーサリアムは減りますが、海外に匹敵する電気代の安さになります。

夜間だけお得になる電気プランは地域によって様々なのですが、オススメなので一度最寄りの電気会社に相談してみましょう。
他にも最近は電力自由化で価格がお得になるプランが増えているので、電気プランの見直しは一度は検討すべきです。

なお、電気プランの見直しは7月中旬あたりからなのでおそらく予想電気代は7,560円より高いと思います。
これは月初めから夜間掘削を想定して計算しています。おそらく今月の電気代は9,000円~1万3000円前後なのではないかと思います。

Radeon RX480の投入を検討中

先月下旬に発売されたRadeon RX480の購入を検討中です。
22~24MHsの高いハッシュレートながら消費電力150Wと低消費電力なのが魅力的な最新のGPUです。
現在使っているRadeon R9 270Xのほぼ倍のハッシュレートでありながら消費電力は25Wほど低いです。
買い換える方がお得なのですが、Radeon RX480の価格や日本では8GB版のみしか発売されない点で悩んでいます。

電気プラン見直しによりシステムはほぼ安定化

発掘に使っているPCはタスクスケジューラで指定時間のみ起動させています。
指定時間の発掘が終了したらスリープ状態にして次の指定時間まで休止中になります。
スリープ状態でもちょっとだけ電力を消費しますが、まぁ誤差に等しいです。

この電気プランの見直しとタスクスケジューラによる管理でほぼマイニングシステムは完成しました。
今後は新しいGPUの投入やETHの価格を見ながら今後について検討をしていきます。

PC電源が壊れたので正直マイナスかも...

マザーボード1枚にGPUを6枚挿しているのですが、流石に無理が来たのかPC電源が壊れました。
一緒にマザーボードも融解するレベルでATXケーブルが溶けてます。
うーん・・・こちらは手痛い出費になりそうです。とほほ。。。

-イーサリアム, 仮想通貨
-, , ,