ビットコインを入手する5つの方法を徹底解説。無料で入手する方法もあり。

近年ニュースでも話題のビットコイン(bitcoin)

CMなどでもその名前を聞く機会が増え、認知度はうなぎ上りです。
そういったメディアで話題のビットコインを入手してみたいと考えている方は多いのではないでしょうか?

「ビットコインを買ってみたい!」
「ビットコインってどうやって入手するの?」
「ビットコインって幾らから買うことができるの?」
「ビットコインってそもそも何?」

この記事ではそういった疑問を少しでも解消できるように、ビットコイン初心者の方でも理解できるように、
わかりやすくビットコインの入手方法をご説明します。

ビットコインの入手方法は5つ!これがキーワードです。

それでは詳しくみていきましょう。

・ビットコインとは

まずは簡単にビットコインとは何かをおさらいしましょう。
ビットコインとはインターネットを介して発行、取引をすることが出来る仮想通貨のことをいいます。

ビットコイン(bitcoin)の単位はBTCで表記されます。

1円や1ドルと同様に1BTCで価値を表します。普通のお金と違うところは貨幣が存在しないところで、価値の上昇も下降も激しいのが特徴です。

コインやお札は存在しません。ですから1BTCを手に持つことは出来ず、インターネット上の「ウォレット」に入れて利用します。ウォレットはスマホのアプリを使って持つことができ、
そのアプリを介して店頭での支払いなどに利用できます。

イメージとしては電子マネーやおサイフケータイに近いという認識で間違ってないでしょう。

実物が存在しないところから「仮想通貨」という言葉が使われています。ちなみに仮想通貨はビットコイン以外にも数種存在しますが、最もシェアが大きく普及しているのがビットコインです。

・ビットコインの成り立ちは?

ビットコインはどの企業が開発したのでしょうか?

実はビットコインには中央機関が存在しません。通常の通貨は中央機関を通じて発行・流通しますが、ビットコインはそういったものがありません。

ビットコインの起こりはサトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto) を名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始されたと言われています。
このサトシ・ナカモトさんは日本人なのか、男性なのか女性なのか、そもそも個人なのかも明らかになっていないのです。

中央機関はなく、謎の人物によって発表された論文に基づいて始まったのがビットコインです。
なんだか怪しい感じがしますが、インターネットも同じような経緯で始まっています。

そう考えると理解しやすいかもしれません。

・ビットコインのシステムってどうなってるの?

中央機関を介していないビットコイン。

どうやって取引を管理しているのでしょうか?

ビットコインシステムはピア・トゥー・ピア型のネットワークにより運営されており、トランザクション(ビットコインの取引)は仲介者なしでユーザ間で直接に行われます。
このトランザクションはネットワークに参加しているノードによって検証され、「ブロックチェーン」と呼ばれる公開分散元帳に記録れていきます。

トランザクションでは通貨単位としてビットコイン (BTC) が使用され、システムは中央格納サーバや単一の管理者を置かずに運営されるので、仮想通貨というカテゴリーに分類するのです。

ビットコインはトランザクション処理作業に対する報酬という形で新規に発行され、ユーザ達が計算能力を提供することでトランザクションは検証され、公開元帳に記録されます。

このトランザクションの検証・記録作業はマイニング(採掘)と呼ばれ、マイナー(採掘者)はトランザクション手数料と新規発行ビットコインを報酬として受け取ることができます。

すごく大雑把にざっくり説明すると、

ビットコインのトランザクション(取引)は仲介者なしにユーザー同士で行われます。
この取引を有志であるマイナー(マイニングする人)が正しい取引かどうか検証・記録などの処理作業をしてくれて、取引が成立します。

マイナーはこの処理を行うことでビットコインを報酬としてもらうことができるので、ビットコインは常に取引が止まることがなく運用されているのです。

少し複雑ですが、なんとなく頭のいい誰かが自分の行った取引をしっかりと記憶してくれているから大丈夫!

という認識で良いと思います。

・ビットコインで何が出来るの?

ビットコインを持っていると、どんなシーンで利用することができるのでしょうか?
以下の4つがビットコインの主な使い方です。

投資 ビットコインの売買でリターンを受ける
決済 買い物でビットコインを利用して支払う
送金 他の人にビットコインを送る
ファンディング 寄付や投資にビットコインを利用する

上記がビットコインの主な利用方法です。

安い時期にビットコインを買って、高い時に売る!
この投資が多くのシェアを誇っています。

決済はおサイフケータイのように商品を買うことです。
送金は家族や友人にお金を送ったり、お子様の仕送りなどに利用します。

ファンディングは寄付やクラウドファンディングなどがこれに属します。

・ビットコインって幾らで、幾らから買えるの?

出典:bitFlyer公式サイト

現在ビットコインの価格は130万円です(2018年1月現在)。

上記のグラフをみれば分かるように、ビットコインは上昇と下降を繰り返しながら推移していることがみてとれます。

1BTC=130万円

130万円と聞くとかなり高額で手が出せない!と思われたかもしれません。

ご安心ください。
実はビットコインは1BTCから買えるわけではなく、もっと小さい単位で入手することができます。

1,000円からでも国内取引所でのルールでは購入することが可能です。

ビットコインの取引自体はビットコインの最小単位である1Satoshi

1Satoshi=0.00000001BTC
1億分の1ビットコインで現在(1BTC=130万円)日本円換算すると0.13円

これが最小単位の額になります。
0.13円だけ買っても意味はありませんが、少額でもビットコインは購入できると認識していればOKです。

なんとなくビットコインがどのくらいの価格で、どのくらいから購入できるかがわかったところで、
どこでビットコインが購入できるかの本題に入っていきましょう!

ビットコインを入手する方法はどんなところがあるの?

最近、ニュースやネットで『ビットコインの価格が上昇』なんていう記事を目にする機会が増えてきました。

2017年4月では1BTCが10万円ほどだったものが、2018年1月では130万円に上昇しています。

もっと早く買っておけば良かった!

そんな嘆きが聞こえてきそうですが、ビットコインは上昇と下降を繰り返し伸びていますので今からでも遅いといことは決してないように思います。
ビットコインは投資以外にもお得なポイントは多く存在しますので、この機会にビットコインを購入しても十分価値があるのではないでしょうか。

この記事の本題であるビットコインはどこで購入できるのかの説明に入ります。

実はビットコインは無料で入手する方法も存在しています。

ビットコインの入手方法をひとつずつみていきましょう。

ビットコインの5つの入手方法とは?

ビットコインには、大きく分けて下記の5つの入手方法があります。

1.仮想通貨取引所で入手
2.ビットコインATMで入手
3.お小遣いサイトで入手
4.取引所の特典で入手
5.マイニングで入手

それぞれの入手方法と詳細、メリットとデメリットをみていきましょう。

入手方法1:仮想通貨取引所で入手

最もポピュラーなビットコインの入手方法が、取引所に口座を開設して購入する方法です。

取引所とは、ビットコインなどの仮想通貨を買いたい人と売りたい人を、マッチングさせるサービスです。

日本には、bitFlyerコインチェック(coincheck)テックビューロ(Zaif)などの企業が運営するさまざまな取引所が存在しています。

また取引所は販売所を兼ねていることもあります。

「販売所?取引所と違うの?」

取引所はユーザー同士のビットコインのやり取りです。それとは別に販売所とは取引所が購入したビットコインを販売することをいいます。
少し紛らわしいので、ビットコインにおける取引所と販売所の違いをみてみましょう。

取引所とは?

ビットコインを売りたい人と買いたい人のマッチングを行う場所になります。リアルタイムな時価で取引したい場合は取引所がおすすめになります。

販売所とは?

ビットコインの販売会社が購入したビットコインを、販売会社が決めた金額(レート)で販売する場所のことをいいます。取引所に比べ少し高く設定されています。

では取引所でビットコインを入手する際のメリット・デメリットはどんなものがあるのでしょうか?

メリット

取引所でビットコインを購入するメリットは、なんといっても購入のしやすさがあげられます。というのも取引所では24時間売買が可能になっているからです。

取引所で口座を開設することでスマホやPCなどのから直接ビットコインを購入することができるので、ハードルがぐっと低く取引がお手軽です。
前述した通り、ビットコインなどの仮想通貨は、価格変動が激いですから安いときに急いで買い、高いときに急いで売ることが24時間いつでもできるのは大きなメリットになります。

取引所は主に投資目的でビットコインを利用したい場合におすすめな入手方法といえるでしょう。

デメリット

取引所のデメリットは取引相手が見つからないというリスクがあります。 取引所は売買のマッチングを行っています。

ですからマッチングが自分の意図に合わなければ、理想の売買ができません。

また、第三者機関の不手際によって、自身が被害を受けることもあります。顧客の個人情報漏洩や、銀行の横領事件などと同様のことが取引所でおこる可能性もあります。

取引所で口座を開設する時には自分の個人情報を打ち込みます。

その取引所がハッキングを受けてしまうと個人情報が外部に漏れてしまう可能性があるのです。
ですがこれは銀行にお金を預けた場合も同様のリスクはありますので、あまり大袈裟に考えない方が良いでしょう。

「ビットコインって安全なの?」と思っている方の多くは、マウントゴックスの事件がよぎるのではないでしょうか?

マウントゴックス事件とは

マウントゴックス事件とは、2014年2月、世界最大級であったビットコイン取引所「マウントゴックス」が経営破綻した事件のことです。
取引所がハッキングされ、85万BTC(当時の相場で約45億ドル)が消えてなくなりました。マウントゴックス事件の影響で「ビットコインは危険」という認識が急速に世間に広まりました。
実際はマウントゴックス事件はビットコインやブロックチェーン(システム)そのものに技術的な欠陥があったために起きたというわけではなく内部の不正によるものでした。

ですからビットコインの脆弱性とは全く別のところに問題があったといえます。

取引所で不正が行われてしまってはどうしようもありません。
それは銀行でも同じことがいえます。

ビットコインの安全性そのもというよりも、一取引所の安全性と捉えるのが良いでしょう。

ですから安全な取引所を利用することが重要になります。

取引所はどんなところがあるの?

2017年9月に金融庁が最初の仮想通貨交換業の登録業者を発表しました。国がこの取引所は問題ないですよ!と認定した業者になります。

この登録業者は16業者が現在発表されています。

メジャーなところでは、株式会社bitFlyerです。

株式会社bitFlyerとは?

bitFlyerは株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。
国内の仮想通貨取引所の中で資本金が最も高い取引所で安心安全な顧客サービスを手がけています。

国内初となる仮想通貨取引所のTVCMを放映ししたことでも有名です。

bitFlyerではビットコインから日本発の仮想通貨であるモナーコインを取り扱っています。
2017年9月には金融庁の仮想通貨交換業事業者登録をしています。

取引所一覧

金融庁に「仮想通貨交換業者」として登録された取引所は以下のものがあります。

Coincheck
Zaif
bitFlyer
みんなのBitcoin
GMOコイン
Bittrade
QUOINEX
bitbank
bitbankTrade
BITPoint
BTCBOX
Fisco Cryptocurrency Exchange
FIREX
DMM Bitcoin
Bitgate
Xtheta(シータ)

ビットコイン以外の取り扱い仮想通貨

ETH:Ethereum(イーサリアム)
ETC:Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)
LSK:Lisk(リスク)
FCT:Factom(ファクトム)
XMR:Monero(モネロ)
REP:Auger(オーガー)
XRP:Ripple(リップル)
ZEC:Zcash(ジーキャッシュ)
XEM:XEM(ゼム)
LTC:Litecoin(ライトコイン)
DASH:DASH(ダッシュ)
BCH:Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

取引所での購入手順は?

取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入するために必要な手順を簡単にご説明します。

1.取引所のHPにアクセスし、メールアドレスとパスワードを設定してアカウント作成
2.本人確認書類を写真撮影をして、取引所に送信
3.取引所から郵送されてくる書類記載の本人確認コードを取引所アカウントページ内に入力する
4.口座開設完了
5.取引所に入金してビットコインを購入

基本的な流れは上記ですが、取引所によって購入方法が若干異なりますが仮想通貨は、取引所比較的簡単に購入できます。

入手方法2:ビットコインATMで入手

ビットコインはATMを利用して入手することもできます。

取引所の口座を作りたくない、インターネットで手続きが不安という方はATMを利用して入手するのが良いでしょう。

ビットコインATMとは、仮想通貨であるビットコインを購入するための「専用のATMの」です。
ですから街のいたるところに存在する銀行や郵便局のATMとは全く別のATMになります。

ビットコインATMは世界に千台以上設置されていますが、国内ではまだ東京を中心に数十台しか設置されていません。
ですから地方の方は利用できない状態です。

ただし鹿児島などの一部では設置されているようです。これから2020年の東京オリンピックに向け外国人観光客も増えるでしょうから
都内以外にもビットコインATMが増えていくと予想されます。

ビットコインATMで購入する際のメリットとデメリットはどんなものがあるのでしょうか?

メリット

ビットコインATMのメリットは、口座開設をすることなくATMから直接現金でビットコインを購入できるという点です。

デメリット

前述した通り、ビットコインATMは、国内に設置されている台数が極めて少ないです。

東京(六本木・渋谷・中野・銀座・浅草)
千葉
神奈川
三重
大阪
岡山
福岡
鹿児島

上記の場所にビットコインをATMが存在しますが、まだまだ台数が少ないのがデメリットです。

ビットコインATMで入手する手順は?

ビットコインATMでビットコインを購入する際に必要なものは「ウォレット」があります。

ですから事前にウォレットを作成しておく必要があります。

前述した通り、ウォレットとはビットコインを入れておく財布です。ウォレットを作成することで、購入した仮想通貨をそこで管理して投資や送金などをすることができます。

ビットコインATMからビットコインを購入する手順は以下の通りです。

1.ATMに現金を入金
2.ATMに表示されるQRコードをスマホで読み取る
3.事前に用意している自分のウォレットに仮想通貨が入金される

ウォレットさえ作ってしまえば、ビットコインATMではかなり簡単に仮想通貨を購入することができますね。
ですからビットコインATMが増えることで利用者も劇的に増えるのではないかと予想されます。

入手方法3:お小遣いサイトを利用してビットコインを無料で入手

ビットコインは取引所やビットコインATMを利用して円と交換して入手するが通常の方法です。

ですがビットコインを無料で入手する方法が存在します。
ビットコインを無料で入手する方法として「企業の広告を見る」「ゲームをしてビットコインを無料で入手」などの方法でビットコインを無料で入手することが可能です。

電子マネーなどが無料で貰えるポイントサイトなどは多く存在します。それと同様のものがビットコインにもあるのです。

無料でビットコインを入手できるお小遣いサイトのメリットとデメリットをみていきましょう。

メリット

お小遣いサイトなどのメリットは何と言っても「ビットコインを無料で入手」することができる点です。

ビットコインを入手してみたいけど、お金を出すのは気が引けるという方におすすめな方法です。

デメリット

お小遣いサイトの最大のデメリットは無料でもらえるビットコインの額が少額であるということです。

無料なので当然ですが少額のビットコインでは登録などの手間に比べて割りに合わないかもしれません。

例えばお小遣いサイトの場合、一度で3satoshiなんてこともあります。

先ほど説明した通り、

1BTCの1億分の1が1satoshiですから、

1BTCが130万円(2018/1)でも、1satoshiは、0.013円分です。

うーん、かなり少額ですね。

サイトにアクセスしたり、手間を考えると効率的ではありませんね。
無料で貰えるので仕方ないことかもしれませんが…。

お小遣いサイトで入手する手順は?

お小遣いサイトでビットコインを入手する手順は以下の通りです。

1.お小遣いサイトにアクセス
2.メールアドレスとパスワードを登録

基本的に個人情報の入力は必要ないようです。

お小遣いサイトで有名なのが「Bonus Bitcoin」「モッピー」などです。ビットコインを受け取るには事前にウォレットを作成している必要があります。

入手方法4:取引所の特典でもらう

取引所では特典としてビットコインをもらうことが可能です。

bitFlyer、Zaif、coincheckなどの取引所では、取引所内のサービスを利用することによってビットコインを無料で入手することが可能です。

キャンペーンは主に下記のものがあります。

・登録時に特典がもらえるキャンペーン
・登録後に手数料無料、特典がもらえるキャンペーン

bitFlyerなら登録時特典として「100万人目に登録した人に任天堂Switchが当たるキャンペーン」やログインやチャットをするとビットコインがもらえる「ログイン&チャットボーナスキャンペーン」などがあります。

メリット

登録するだけで特典としてビットコインがもらえるのはメリットといえるでしょう。

各取引所の特典は以下の通りです。

bitFlyer:おとくにビットコインをもらおう
bitFlyer経由で、楽天やZOZOTOWNで買い物をするとビットコインが還元

coincheck:coinchckでんき
電気代の1~7%がビットコインとして還元

Zaif:チャットチップ
面白いツイートをすればビットコインがもらえる
bitFlyer内のサービスを利用するとサービス料金の1部がビットコインで還元されます。

各取引所では様々なキャンペーンを随時展開しているので
チェックしてお得なキャンペーンでビットコインをゲットするのも一つの入手方法です。

入手方法5:マイニングでビットコインを入手

最後にご紹介する入手方法は「マイニング」です。

マイニングとはビットコインの決済や送金などの取引のデータを台帳に記帳追加する作業のことを言います。
ビットコインは中央機関がありませんので、有志によってマイニング(採掘)が行われて運用されています。

このマイニング作業で取引データに記帳追記することに成功した場合、報酬としてビットコインを貰うことができます

ただしマイニングは電気代や作業面でそれなりの知識と手間が必要です。

メリット

マイニングは、スマホやPCで行うことができます。
ツールをダウンロードすることでマイニングが可能ですから、始めるだけならハードルは低いといえるでしょう。

デメリット

マイニングはどれくらいの組織が取り組んでいて、どれくらいの確率で成功するかなど不明な点が多いです。

また電気代などのコストも膨大にかかります。

ですからマイニングはそれなりの規模で行う必要があるといえるでしょう。

中国の農村部やアイスランドの工場などで行われていると言われています。
サーバーやパソコンが複数台自動的に計算プログラミングが実行されるような大掛かりな工場が必要です。

サーバーを冷却するエアコン代などもかなりの電気代が必要ですので、現実的ではないかもしれません。

マイニングの始め方

マイニングはサイトへ登録を行って開始するだけです。その場合、仮想通貨を入れておくウォレットが必要になります。

ソフトをパソコンにダウンロードして開始することもできます。

1.マイニングのソフトをダウンロード
2.アカウントを作成
3.ビットコインを採掘

始めることは簡単ですが、マイニングで個人が利益を出すのは大変なようです。
例えば24時間フル稼働したとしても0.00002BTCくらいしかビットコインを入手できないことも。

これでは電気代の方が高くついてしまいますね。

ビットコインの入手方法まとめ

ビットコインの入手方法をおさらいしましょう。

以下の5つがビットコインを入手する方法です。

1.仮想通貨取引所で入手
2.ビットコインATMで入手
3.お小遣いサイトで入手
4.取引所の特典で入手
5.マイニングで入手

最もメジャーなのが仮想通貨取引所で入手する方法になります。

次にビットコインATMを利用する方法もあります。こちらはウォレットを事前に準備しておく必要があります。
ビットコインATMはまだまだ台数が少ないので利用できる方は限れられてしまいますが、近くにある場合は利用しても良いでしょう。

無料でビットコインを手に入れたい場合はお小遣いサイトや取引所の特典で入手することも可能です。
マイニングは専門的な知識が必要になりますので、あまり現実的ではないかもしれません。

「ビットコインを入手する5つの方法を徹底解説。無料で入手する方法もあり」と題して説明してきましたが如何だったでしょうか?
ビットコインを入手するハードルは高くないことがお分かりいただけたと思います。

これからビットコインを入手したい!と考えている方の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。