bitFlyer(ビットフライヤー)の取引口座開設を徹底解説!注意する3つのポイントとは?

仮想通貨取引所のパイオニアともいうべきビットフライヤー。

「仮想通貨の取引をやってみたいけど、面倒そう」「どうやって登録すればいいか分からない」

そんな方は多くいらっしゃるでしょう。
実はアカウントの登録や取引口座を開設することは、とても簡単で5分ほどで終わってしまいます。

取引口座を開設してしまえば、ビットコインなどの仮想通貨の売買が開始できます。
この記事では「bitFlyer(ビットフライヤー)の取引口座開設を徹底解説!」と題して

ビットフライヤーでのアカウント登録方法、取引口座開設方法、開設時の注意点を中心に解説していきます。

目次

1.bitFlyer(ビットフライヤー)とは

まずはビットフライヤーについて簡単にご紹介。

bitFlyer は国内初の仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)販売所(取引所)として 2014 年 4 月にサービスを開始いたしました。

ビットコイン(Bitcoin)をより多くの人にお届けすることを目指し、ビットコイン(Bitcoin)のご購入、ご売却を簡単にできるシステムに加え、 クラウドファンディング(fundFlyer)や仮想通貨に関する情報メディア(BTC News)も提供しています。
さらに 1 秒でビットコイン送付ができる bitWire や事業者向け E コマース決済サービスなど、 ビットコイン(Bitcoin)の総合プラットフォームとして万全のセキュリティによる安全な取引を実現しています。

日本における仮想通貨取引所のパイオニアですね。
主に以下のような特徴があります。

  • 国内最大級の取引所
  • 株主は3大メガバンクや大手保険会社の子会社
  • 顧客のビットコイン保管中のリスクを補償する損害保険を契約している
  • iOSとAndroidのアプリがある

ビットフライヤーが取り扱っている通貨は?

仮想通貨取引所によって取り扱っている通貨の種類は異なります。
ビットフライヤーではどんな仮想通貨を取引しているのでしょう?

  • Bitcoin(ビットコイン)
  • Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)
  • Ethereum(イーサ)
  • Ethereum Classic(イーサクラッシック)
  • Lisk(リスク)
  • litecoin(ライトコイン)
  • MonaCoin(モナコイン)

以上が現在ビットフライヤーで取り扱っている通貨になります。

もしもこれ以外の仮想通貨の取引がしたい場合は、別の取引所の口座を開設する必要があります。
様々な仮想通貨の取引を可能にするため、

やはり3つ以上の仮想通貨取引所の口座を持っておくのが安心!であるといえるでしょう。

ビットフライヤーの販売所の有無は?

ビットフライヤーには販売所があります。

販売所があるって当然じゃないの?

そう思われる方のためにご説明します。
仮想通貨取引所は厳密には販売所と取引所があります。
取引所は当然どこの仮想通貨取引所でもありますが、販売所はない場合もあります。

販売所と取引所の違いとは

では取引所と販売所の違いを簡単にみていきましょう。

取引所はユーザー同士のビットコインのやり取りです。それとは別に販売所とは取引所が購入したビットコインを販売することをいいます。
少し紛らわしいので、ビットコインにおける取引所と販売所の違いをみてみましょう。

取引所とは?

ビットコインを売りたい人と買いたい人のマッチングを行う場所になります。
リアルタイムな時価で取引したい場合は取引所がおすすめになります。

販売所とは?

ビットコインの販売会社が購入したビットコインを、販売会社が決めた金額(レート)で販売する場所のことをいいます。
取引所に比べ少し高く設定されています。

取引所には売買できる数量に制限があります。その制限とは注文が出ている量になります。
一方販売所には売買できる数量に制限がありません。ただし仮想通貨取引所によって1日あたり、1回あたりの上限が決められている場合があるので注意。

  • 取引所:自分の売買したい価格を指定できますが、自分が指定した価格にならないと取引が成立しないというデメリットがあります。買いたい数量が必ずしも買えるとは限りません。
  • 販売所:かそう取引所がその時に提示した価格でしか売買できませんが、確実に売買することが可能です。

ビットフライヤーでは取引所、販売所ともにありますので好みに合わせて取引方法を選ぶことが可能です。

口座開設手数料は?

ビットフライヤーでの口座開設手数料は無料です。

現在、いずれの取引所も口座開設手数料や口座維持費は無料となります。
無料ですから様々な口座を手軽に複数開設することができます。

ひとまず色々な取引所の口座を開設して、そこから自分にあったものを選ぶのが良いでしょう。

ビットフライヤーは初めての口座開設にはとても向いている取引所ですので、仮想通貨の取引に慣れるにはうってつけです。

ビットフライヤーのその他各種手数料は?

口座を開設したり、アカウントを作成したり、維持したりするのは無料になっています。
ところがビットコインを売買する場合には多少の手数料が発生します。

これは取引所によって料金が異なりますので、利用する判断材料にすると良いでしょう。

各種キャンペーンをおこなっているので、ビットコイン販売所での売買手数料は無料の場合が多いです。

アカウント作成手数料 無料
アカウント維持手数料 無料
ビットコイン売買手数料 ビットコイン簡単取引所 0.01% ~ 0.15%
Lightning 現物(BTC/JPY)
ビットコイン販売所 無料

(終了の 2 週間前に告知)

Lightning FX/Futures
アルトコイン売買手数料 Lightning 現物(ETH/BTC) 0.20%
Lightning 現物(BCH/BTC)
イーサ(イーサリアム)販売所 無料

(終了の 2 週間前に告知)

イーサ(イーサリアムクラシック)販売所
ライトコイン販売所
ビットコインキャッシュ販売所
モナコイン販売所
リスク販売所
ビットコイン送付手数料
※ bitWire を除く
0.0008 BTC
ビットコイン販売・買取単位 0.00000001 BTC (= 1 satoshi)
(※ 最小取引数量は、簡単取引所・Lightning は 0.001 BTC、販売所は 0.00000001 BTC です。)
アルトコイン販売・買取単位 イーサ(イーサリアム): 0.00000001 ETH
(※ 最小取引数量は、Lightning は 0.01 ETH、販売所は 0.00000001 ETH です。)
イーサ(イーサリアムクラシック): 0.00000001 ETC
(※ 最小取引数量も同じ)
ライトコイン: 0.00000001 LTC
(※ 最小取引数量も同じ)
ビットコインキャッシュ: 0.00000001 BCH
(※ 最小取引数量は、Lightning は 0.01 BCH、販売所は 0.00000001 BCH です。)
モナコイン: 0.00000001 MONA
(※ 最小取引数量も同じ)
リスク: 0.00000001 LSK
(※ 最小取引数量も同じ)
bitWire ご利用手数料 無料
クイック入金手数料 324 円(税込)/件
銀行振込手数料(ご入金時) 各金融機関所定額
コインをつかう 出品手数料 出品をご希望の方は、bitFlyerの公式ホームページお問合せフォームより問い合わせ
出典:bitFlyer

 

2.bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設方法

ビットフライヤーのことを理解した上で、ここから本題に入りましょう。

ビットフライヤーの口座開設方法にはアプリを利用する方法と、パソコンから開設する方法の2種類が存在します。
bitflyerの口座開設はこちらから

2-1.アプリを利用

ビットフライヤーが提供しているスマホアプリを利用して取引口座を開設する手順です。

手順1 アプリをダウンロード

まずはビットフライヤーが提供しているアプリをダウンロードしましょう。
iPhone・Android共に提供されていますので、スマホがあれば誰でも簡単にダウンロードできます。

iPhoneのビットフライヤーはこちら
Androidのビットフライヤーはこちら

アプリを開くと仮想通貨のレートが表示されます。

こちらはアカウントを登録しなくても閲覧することができますので、何ができるか簡単にチェックしてみましょう。

 

手順2 アカウントを作成しよう!

 

アプリをダウンロードしたら、次は無料でアカウントを作成しましょう。

アカウントの作成にはメーリアドレスが必要になります。

フリーメールでも問題ありませんので、任意のメールアドレスを入力して全てのチェックボックスにチェックを入れます。

数秒で登録したメールアドレスにビットフライヤーからアカウント登録確認メールが送られてきます。

 

手順3 アカウント登録確認メールが送られてくる

メールアドレスを入力すると、ビットフライヤーから登録確認メールが送られてきます。

指示に従い、アカウント作成を行いましょう。

ビットフライヤーから送られてくる登録確認メールには

  • アカウント作成URL
  • ログイン用のメールアドレス
  • 初回パスワード

が記載されています。

 

手順4 アカウント登録確認メールに従って登録を行う

メールに記載されたアカウント作成URLにアクセスすると登録が完了です。

ログインアドレスや初回パスワードの入力などは特に必要なく、作成URLをクリックするだけで作成されます。

 

初回パスワードは「設定」のメニューから変更することができます。

変更する際に初回パスワードが必要になります。

以上でアカウントの開設は完了となります。

口座の開設は後述します。

まずはアカウントの登録が完了しました!

 

2-2.PCを利用

続いて、PCを利用してアカウントを登録する方法です。

 

手順1 ビットフライヤーのホームページへアクセス

まずはビットフライヤーのホームページへアクセスします。

 

 

トップページにアカウント作成の画面が出ているので迷うことはないでしょう。

 

手順2 メールアドレスを入力

 

アカウント作成画面を開き、メールアドレスを入力して「アカウント作成」ボタンをクリックしましょう。

フリーメールでも登録可能です。その他、

  • Facebook アカウントを持っている場合:「Facebook でアカウント作成」ボタンをクリックしてください。Facebook に登録されているメールアドレスからアカウントが作成されます。
  • Yahoo! ID、Google アカウントを持っている場合:同様に「Yahoo! ID でアカウント作成」ボタン、または「Google でアカウント作成」ボタンをクリックすることで、登録されているメールアドレスからアカウント作成が可能です。

 

手順3 メールが送れれてくるので手順に従ってキーワードを入力

登録に成功するとキーワード入力のためのダイアログボックスが表示されます。

ここで、登録に使用したメールアドレスの受信箱を開き、bitFlyer から「アカウント登録確認メール」が届いていることを確認しましょう。

その本文に書かれた【キーワード】をコピーし、ダイアログボックスの「キーワード」欄に貼り付けて「アカウント作成」ボタンをクリック。

Facebook, Yahoo!, Googleを通して登録した場合には、そのアカウントに登録しているメールアドレスに「アカウント登録確認メール」が届きます。

 

手順4:規約に同意

 

ご利用規約等への同意を求めるダイアログボックスが開きますので、「ご利用規約」「プライバシーポリシー」「仮想通貨取引におけるリスク」「取引時交付書面」を確認しましょう。

それらの内容に同意して、なおかつ米国の居住者ではない場合は、4つのチェックボックスの全てをチェックし「bitFlyer をはじめる」ボタンをクリック。

アカウント作成は完了となります。

2-3.ウォレットクラスからトレードクラスへ

ひとまずアカウントの作成は完了しました。

これで念願のビットコインを取引できる!と歓喜するのはまだ早いです。

というのも、今はアカウント作成が完了しただけで、「ウォレットクラス」という状態なんです。

ビットフライヤーのホームページには以下の記載があります。

bitFlyer 内のサービスご利用制限を表す「アカウントクラス」は、この時点で「ウォレットクラス」です。
「ウォレットクラス」は、一定額以下の仮想通貨の送付・決済など一部のサービスをご利用いただけます。仮想通貨の購入・売却や取引所など、もっと役立つサービスをご利用いただく際には「トレードクラス」へのアップグレードが必要です。

そうなんです。

ウォレットクラスは一定額以下の仮想通貨の送付や決算は行えますが、仮想通貨の購入や売却などは行えません。

ですから「トレードクラス」へのアップグレードが必要なんです。

 

 

画像を確認するとわかるのですが、

どちらのクラスでも仮想通貨の保持は可能です。仮想通貨の保持だけが目的ならばウォレットクラスのままでもいいでしょう。

ところがビットコインの売買は、トレードクラスにならないとできないのです。

では「トレードクラス」にアップグレードする手順を解説いたします。

 

トレードクラスへアップグレードする手順1:必要な情報を入力

トレードクラスにアップグレードするためには、以下の要件が全て必要です。

こちらの画面は「設定」にある「bitFlyer アカウントご登録内容」の「ご本人情報の登録」から入力することができます。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 国籍
  • 郵便番号
  • 住所
  • 携帯電話番号

の登録が必要です。

入力を完了して「登録情報を確認する」をクリックしましょう。

 

トレードクラスへアップグレードする手順2:本人確認に必要な確認資料を用意しよう

 

トレードクラスへのアップグレードには本人確認資料が必要になってきます。

本人確認資料として、次のいずれか一つを用意しましょう。

  • 運転免許証(両面)
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(両面)
  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳
  • 各種福祉手帳
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 在留カード(両面)
  • 特別永住者証明書(両面)
  • 外国公的書類(海外外国人用)

基本的には顔写真入りのものが必要になります。

【個人のお客様】

ご本人情報のご登録
ご本人確認資料のご提出
お客様のお取引目的の確認
転送不要の書留郵便の受取

【法人のお客様】

法人情報のご登録
取引責任者情報のご登録
実質的支配者のご登録
登記事項証明書等のご提出
転送不要の書留郵便のお受取

 

 

PCやスマホに画像を保存していて、アップロードする形の提出方法になります。

最近はこういった形の提出方法が増えているので、しっかりとした身分証明書を撮影しておくと様々なシーンで使いまわせて便利ですよね。

電子タバコの登録などもこの方法ですよね。

必要な書類(両面が必要な場合もありますので、お忘れなく)をアップロードして「ご本人確認資料を提出する」をクリックしましょう。

書類全面が鮮明に写るようにしてくださいね!

 

トレードクラスへアップグレードする手順3:お客様の取引目的等のご確認」から情報を入力する

 

「職業」「取引を行う目的」などについて情報を入力します。該当するところにチェックを入れるだけです。

「ご本人情報のご登録」
「ご本人確認資料のご提出」
「お客様の取引目的等のご確認」

以上が揃うとアップグレードに必要な情報の入力は全て終了です。

情報登録等完了後、bitFlyerかご入力の住所宛に転送不要の書留郵便が送られてきます。

書留郵便(ハガキ)が郵送されるのは数日後になります。

 

ここで注意!本人確認が遅れることも

 

取引所によって郵送される時期が遅い場合があります。

最近では登録するユーザーの増加に伴って開設申請が非常に多くなっています。

そのためZaifなどは住所確認が遅く、中々ハガキが送られてこない!なんてことも起こっています。

ですから取引所の口座は複数申請しておく方が無難でしょう。

 

2-4.銀行口座を登録しよう!

続けて銀行口座を登録する画面へ進みます。

 

 

登録した銀行口座からビットフライヤーの口座へ振り込んで、そこからビットコインなどの仮想通貨を購入することができます。

銀行口座情報をご入力ください。
必ず、ご本人名義の銀行口座をご登録ください。こちらでご登録いただいた口座から、bitFlyer のお客様用口座(三井住友銀行もしくは住信 SBI ネット銀行)へお振込ください。お客様アカウントの日本円残高を増やすことができます。主要銀行一覧からご選択いただくか、「50 音から選択」欄で銀行名の最初の一文字をクリックしてください。 プルダウンに選択候補が表示されますので、登録する銀行をご選択ください。 次に、支店名リストより支店をご選択ください。

取引口座を選択して支店を五十音順で選ぶことが可能です。

 

ここで注意!登録する口座によって手数料が変わる

自分の口座からビットフライヤーのお客様口座へ振り込む場合や出金する場合に手数料がかかります。
この手数料は登録する銀行によって異なりますので注意が必要です。

  • 取引所のアカウントに入金する手数料:銀行振込手数料
  • 取引所から銀行口座に出金する手数料:取引所規定の手数料

定期的に日本円でビットコインを場合、この手数料をなるべく抑えたいですよね。

ちなみにビットフライヤーへの振込は三井住友銀行もしくは住信SBIネット銀行あてになりますので、
住信SBIネット銀行同士の振込なら、手数料無料で振り込むことができます。

3万円未満の取引の振込手数料

みずほ銀行:108円
三井住友銀行:108円
三菱東京UFJ銀行:0円
住信SBIネット銀行:0円

3万円以上の取引の振込手数料

みずほ銀行:216円
三井住友銀行:108円
三菱東京UFJ銀行:0円
住信SBIネット銀行:0円

メガバンクの三井住友銀行、みずほ銀行は手数料が高いのであまりビットコインの取引には向いてないといえるでしょう。

 

3.bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設前に注意する3つのポイント

次に口座を開設するときの注意点を5つのポイントに分けて説明します。

ポイント1:入金が反映される時間や曜日も登録口座によって違う

先ほども述べてたように、銀行によって手数料が違います。
さらに入金が反映される時間もそれぞれ異なっているので、注意が必要です。

■三井住友銀行のお客様専用口座へのご入金の場合
銀行の営業時間内に随時入金作業を行っております。
※翌日扱いの入金の場合は、翌銀行営業日の午前9時以降に順次処理が行われます。

■住信SBIネット銀行のお客様専用口座へのご入金の場合
原則として土日も入金が行われます。
※毎月5・10日、週始め、祝日明け、月末等は、金融機関の処理にお時間がかかる場合がございますのでご了承ください。
なお、銀行振込をご利用でご入金からお時間が経過しても反映されない場合は、入出金お問合せフォームよりご入金情報等をお知らせください。

土日も入金がおこなわる住信SBIネット銀行はビットフライヤーでの取引に向いているといえるでしょう。

ポイント2:開始までに数日かかる

アカウントを登録するのは数分で完了します。

ですが、実際に取引が行えるトレードクラスの登録が完了するのには数日かかります。
実際に取引を開始するためには本人確認が必要です。

住所などの個人情報の確認
免許証などの確認

2〜3営業日に、書留でビットフライヤーから『本人確認のはがき』が届きます。

さらに銀行振り込みでビットフライヤーに入金する場合、銀行の営業時間・営業日で1〜2営業日かかります。

取引を開始するには約1週間ほどかかるので、なるべく早く必要事項を登録しておいたほうが良いでしょう。

ポイント3:仮想通貨の口座は多く開設した方がいい

この記事ではビットフライヤーの口座開設方法を解説してきましたが、

やはり仮想通貨の口座は複数の取引所で登録しておいたほうが良いでしょう。

その理由は以下になります。

理由1:開設するのに時間がかかる

仮想通貨の口座は多くの取引所を登録しておいたほうが良い理由に開設の時間が挙げられます。

仮想通貨がメディアなどで取り上げられ、一気に登録者数が増加しています。

それに伴って各取引所への開設申請が増えてきてしまい、開設までに時間がかかってしまうケースが相次いでいます。

特にZaifは最近取引口座の開設申請が多くて郵便の住所確認が遅いなどといった声も。

できるだけ多くの取引所に申請を出してスムーズに取引できるようにしておきましょう!

理由2:各取引所によって取り扱っているコインの種類が違う

前述しましたが、取引所によって扱っている仮想通貨の種類が異なります。

ビットコインだけを取引したい場合はひとつの取引所でも事足りるかもしれませんが、
複数の取引所に登録しておくことで、より多くの仮想通貨の取引に参加することが可能です。

投資したい仮想通貨があっても

「〇〇ではLiskを扱っていない…」

という事態を回避することが可能です。出来るだけ多くの仮想通貨に対応できるように、複数の仮想通貨取引所に登録しておくのがベターです。

代表的な取引所で取り扱いのある通貨

ビットフライヤー以外の仮想通貨取引所ではどういった仮想通貨を取り扱っているか確認しましょう。

・Zaif(ザイフ)

  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Ethereum
  • NEM
  • MonaCoin

Zaifの口座開設はこちら


・Coincheck(コインチェック)


NEM(XEM)流出事件により現在新規アカウント開設停止中

  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Ethereum
  • Lisk
  • Factom
  • Monero
  • Augur
  • Ripple
  • Zcash
  • NEM
  • Litecoin
  • DASH

・bitbank(ビットバンク)

  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Ethereum
  • Ripple
  • Litecoin
  • MonaCoin

bitbankの口座開設はこちら


上記をご覧になってもお分かりの通り、仮想通貨取引所によって扱っている仮想通貨にバラツキがあることがわかります。
メジャーな仮想通貨を網羅するには複数の取引所に登録する必要があります。

4.あとがき

ここまでビットフライヤーのアカウント登録から口座開設までをご紹介しました。

スムーズに開設するためには以下のポイントをおさえておきましょう。

  1. スマホでもPCでもアカウント登録や口座開設は可能
  2. 開設に必要な個人確認書類を用意しよう
  3. なるべく手数料の少ない銀行口座を登録しよう
  4. 本人確認は時間がかかる場合もあるので複数の取引所の登録も視野に入れよう
  5. 取引所によって取り扱っている仮想通貨が違うところもチェック

実際にアカウント開設〜必要事項の入力までは5分ほどで完了します。
あとは郵便が届くのを待つのみ!

ご自分の計画の範囲内で仮想通貨の取引を楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。