Genesis Miningでクラウドマイニングをしてみよう

当サイトでは何度かマイニングについて紹介して来ました。
今回はマイニング方法の中でもお手軽で簡単にマイニング報酬を得られるクラウドマイニングについて紹介します。
クラウドマイニングは様々なサイトがありますが、最も有名で信頼出来るGenesis Miningをご紹介します。

Genesis Miningでクラウドマイニングをしてみよう

まずクラウドマイニングとはどういうものか紹介します。
クラウドマイニングとは遠隔地(主に海外)で採掘しているマイニング機をレンタルするマイニング手法です。
例えばイーサリアムのクラウドマイニングであれば1-2年契約で一括して料金を支払い、1MH/s~100MH/sのハッシュパワーを購入します。
電気代は料金に含まれており、一括して購入した後は経費が掛からないのが特徴です。
もう少し具体的にクラウドマイニングについて紹介しましょう。

クラウドマイニングの特徴

ハッシュパワーを購入して代わりにマイニングして貰う

クラウドマイニングの最大の特徴はお金を支払えば、あとは放置していても遠隔地でマイニングをして貰える事です。
クラウドマイニングの大手は『Genesis Mining』と言う企業ですが、ここは主にアメリカでマイニングをしています。
つまり、料金を支払うとあなたの代わりにアメリカのどこかで誰かがマイニングをしてくれます。
マイニングについてよく分からない方にとっては素晴らしいサービスです。

しかし欠点もあります。クラウドマイニングは自前でマイニングするよりはお金が掛かります。
2017年6月時点でのGenesis Miningのクラウドマイニングサービスを見てみましょう

これはイーサリアムの2年間契約の内容です。サービス内容を見るに100MH/sのサービス(Large)は大体30万円ぐらいします。
もし30万円分のGPUを購入して自前で動かす場合であればもっと効率よくマイニングが可能です。
このように自前で用意するよりはクラウドマイニングはサービスとしては少々お高いと言う欠点があります。
・・・が、下記に紹介する電気代を考慮するとトータルコストではお得な点もあります。

最初に料金を支払えば電気代など経費は掛からない

クラウドマイニングでは最初に支払う料金に電気代が経費として含まれています。
本来であれば実際にマイニングをしていると毎月の電気代を経費として計算する必要があります。
クラウドマイニングでは電気代を気にする必要がないので、トータルコストではお得です。
特に海外と比べて日本は電気代が2倍~3倍以上高い為、この電気代が掛からない利点はとても大きいです。

例えば100MH/sのイーサリアムのクラウドマイニングを例として電気代を計算してみましょう。
通常のマイニングであれば100MH/sのハッシュパワーを得るにはRadeon RX580が4枚必要です。
Radeon RX580を4枚動かすと消費電力が600Wは掛かります。
365日24時間600Wを動かした場合、日本では電気代として約131,400円掛かります。
※内訳は0.6kW×24時間×365日×電気代(25円)です。
この電気代がクラウドマイニングでは0円です。

また、Radeon RX580を4枚購入する経費(約12万円~13万円)も自前でマイニングする場合は掛かります。
このようなトータルコストを考えていくとクラウドマイニングはお得です。

電気代を考えると企業は儲からないんじゃないの?

素朴な疑問として『電気代考えたら会社は儲からない気がする』と思いますよね。
しかし、先に説明したように海外は電気代がとても安いんです。
日本は1kW(1000W)が大体25円~28円します。これが海外だと1kW=8円~12円になります。
海外でマイニングしている人達からすると電気代はほぼ掛からないものに近いんです。

契約は1年~2年間、毎月報酬が得られる

クラウドマイニングは永遠にマイニングをしてくれません。
契約期間が決まっており、1年間~2年間のみマイニングをしてくれます。
先の例であったイーサリアムのクラウドマイニングの場合だと2年間マイニングをしてくれます。

なお、クラウドマイニングで得られた報酬は毎月貰えます。※毎日貰える場合もあります。
2年契約だと合計で24回の報酬が得られます。

クラウドマイニングの問題点

さて、クラウドマイニングのいくつかの特徴とお得であることは理解して貰えたかと思います。
クラウドマイニングは電気代の高い日本ではお得なサービスです。
一方でクラウドマイニングは大きな問題を抱えています。

クラウドマイニングはここ数年で何社もサービスを提供していますが、ほとんど会社が倒産したりサイトが閉鎖しています。
理由は簡単で長期間のクラウドマイニングサービスを維持するコストを回収できずに倒産、サイトが閉鎖しています。
2年契約したのに3ヶ月後に倒産したりサイトが閉鎖されてはとても困りますよね。
なお、日本でも海外のクラウドマイニングのサービスを使っていて被害にあった方はいるみたいです。

なぜ倒産したりサイトが閉鎖する危機があるのか

クラウドマイニングは1-2年契約で料金を一括払いします。
その為、一括払いでお金を手に入れたらサイトを閉鎖する会社もあります。
或いは3ヶ月や短期回のマイニング報酬後に倒産、サイトを閉鎖する例が2016年にいくつかありました。
このような詐欺まがいの行為もある為にクラウドマイニングの会社はいくつも登場しては倒産・閉鎖する例があります。

どうすれば良いか

まず、クラウドマイニングを提供している会社については検索しても情報が出てこないサイトは利用しないようにしましょう。
次にあまりにもサービスが安いクラウドマイニングも怪しいです。倒産したりサイトが閉鎖する可能性があります。
ある程度のクラウドマイニングでの運用実績があり、倒産や閉鎖の可能性が低い会社を調べるのが大切です。

有名で信頼できるGenesis Miningを使ってみよう

さて、問題点もあるクラウドマイニングですが、倒産もせずに無事にサービスを維持している信頼出来る会社もあります。
最も有名なのはアメリカでビジネスをしているクラウドマイニングサイト『Genesis Mining』です。
ここはクラウドマイニングサイトでも老舗であり、日本語用のサイトも用意されています。

Genesis Mining [日本語公式サイト]

Genesis Miningは筆者がマイニングをはじめる前からあるクラウドマイニングのサイトです。
数あるクラウドマイニングサービスの中でも今まで安定して運営をしています。
特徴として、全てのサービスが常に利用出来るとは限りません。
サービスは上限が決まった在庫があり、一定数に達すると売り切れになります。
2017年6月時点だとZECのクラウドマイニングが在庫切れでした。

2017年12月16日追記

ほとんどのクラウドマイニングが在庫切れになっています。
今はMonero(XMR)のクラウドマイニングのみ販売中です。
在庫を確認しながら購入を検討しましょう。

Genesis Miningの特徴

クラウドマイニングでは老舗。日本でも事業展開をしている企業。

Genesis Miningは2014年からクラウドマイニングのサービスを提供している老舗です。
日本語でのサービス提供もしており、日本語対応の公式ツイッターも用意されています。

ちゃんとマイニングしている

詐欺に近いクラウドマイニングサービスでは顧客からお金を集めてマイニングしない事案があります。
よくある例では集めたお金を顧客に少額渡して、数ヶ月後にサイトを閉鎖するようなパターンがあります。
このような詐欺に引っかからないようにするにはちゃんとマイニングをしているか確認する必要があります。

Genesis Miningはクラウドマイニングの老舗として、ちゃんとマイニングを行っています。
定期的にマイニング施設を紹介しており、下記の動画では実際のイーサリアムのマイニング状況を紹介しています。

このようにマイニング施設を用意してクラウドマイニングのサービスを提供していることがわかると安心できますね。

Genesis Miningの使い方

それでは実際にGenesis Miningの使い方を紹介しておきます。

Genesis Miningの使い方:アカウント登録

公式サイトの右上の『サインアップ』からアカウント登録が出来ます。

Genesis Miningの使い方:サービス選択

アカウント登録が完了した後にログインします。
ログイン後、『マイニングを始める』からサービス契約が出来ます。
例えば、10MH/s(日本円にして約3万円)を購入してみましょう。

料金は全てドルで表記されていますが、お支払いはビットコインなどの仮想通貨・クレジットカード払いに対応しています。

Genesis Miningの使い方:サービス契約

サービスを選択した後に実際に契約を結びます。上記の画面ではイーサリアムのハッシュパワー(10MH/s)を二年契約の例です。
なお、本来は300USDですが、当サイトのプロモーションコード『RZj9gn』を入力することで3%引きになります。
合意書に同意し注文を完了すれば契約は完了です。その日から毎月収入が発生します。

Genesis Miningの使い方:注意点

通常Genesis Miningのペイアウトは24時間~48時間後になります。
しかし、Genesis Miningでクレジットカード払いを選択すると最初のペイアウトが1ヶ月後になります。
これはクレジットカードのセキュリティ認証をしており、1ヶ月分が保留される形となっているからです。
ペイアウトが保留されているだけなので、1ヶ月間のマイニングは確実に行っています。
すぐにペイアウトが行われない時はクレジットカード払いだったか確認してみると良いです。
なお、1ヶ月後にペイアウトが行われてからは通常と同じく毎日ペイアウトが行われていきます。

オススメのマイニングサービスは何になりますか?

当サイトはイーサリアムのマイニングについて良く紹介しますが、他のマイニングサービスについてはあまり紹介していません。
理由としてはイーサリアムはAMDのGPUでマイニングが出来るのに対して他の仮想通貨はAMD以外や専用のマイニング機を用意します。
つまり、日本国内ではイーサリアムやZcashなどを除くとマイニングするのがちょっと敷居が高いです。
※日本独自の仮想通貨MONAなどは一度マイニングしてみたいですが…まぁそういう話は後日にでも。

特にビットコインのマイニングは専用機を使うので敷居が高いです。
ビットコインのマイニングに関してはクラウドマイニングもアリではないかと考えます。
その為、オススメしたいマイニングサービスとしてはビットコインのPlatinum, Diamondなどはオススメです。
次点でイーサリアムのMedium, Large、ZcashのAdvanced, Professionalなどになります。
MONERO・DASH・ライトコインのクラウドマイニングは勉強不足であまり良く分かりません。

なお、2017年6月時点だとZcashのマイニングプランは全て売り切れになっています。
どうやらZcashのクラウドマイニングサービスは人気があるようですね。

2017年12月追記

仮想通貨の上昇でほとんどの在庫がありません。
在庫があるならBTC>ETH>Monero(XMR)>Zcash(ZEC)の順番で購入を検討してみて下さい。

お手軽にマイニングが出来るから初心者にはオススメ

さて、Genesis Miningの使い方について紹介しましたが、クラウドマイニングはこのようにお手軽に利用出来て便利なサービスです。
実際に自分でマイニングをするには準備が必要で結構苦労するものです。
『マイニングはしたいけれど、どうして良いか分からない」そんな人にオススメなのがクラウドマイニングになります。

但し、何度も言いますがどのサイトと契約するかは慎重に考えて下さい。
他のクラウドマイニングサイトも知っていますが、今回紹介したGenesis Miningが一番無難な選択だと思っています。
私が当サイトを始める頃から存在しており、クラウドマイニングの運用実績には信頼が出来ます。

Genesis Mining [日本語公式サイト]

8 Comments

admin

匿名さん

数年は乱高下を何度か経験することになるとは思いますが、仮想通貨の価値は上がっていきそうですね。
詐欺被害などが増えてるようなのでトラブルには気をつけたほうが良いですね。

返信する
たかだ

こんにちは。

クラウドも良さそうですね!
スペース不要で部屋も暑くならないですし

でもETHは秋ぐらい?にPOSに移行するとか。。。
2年契約だと、余ってしまいますね。。

返信する
admin

たかださん

確かにPOSの移行は予定されています。POSの移行に関してはいつか詳しく説明する日が来るかと思います。
今説明出来るとしたらPOS移行の手前で発掘難易度が急上昇して、マイニングで得られるETHが急激に減るとされています。
これはあくまで予定ですが、このようなPoWの難易度を難しくすることが予定されています。

…実際にどうなるのかはよく分かりません。POWからPOSの移行は予想以上に難しいでしょう。
当たり前ですがマイニングしている人たちからしたら今の状況が好ましい訳ですから、反対されるのは簡単に予想出来ます。

返信する
匿名希望

Cyvaと言う暗号通貨がプレセールされていますが、ジェネシスで発掘可能でしょうか?

返信する
admin

匿名希望さん

Genesis Miningでは有名な仮想通貨が発掘可能です。
BTC, DASH, ETH, LTC, XMR, ZECなどですね。

返信する
真理

こんにちは。
記事を拝読させて頂き、遅ばせながらgenesisに登録してみました。
しかしハッシュパワーを購入が出来なくなっていました。
在庫がないのでしょうね。
残念

返信する

渡邉慎吾 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。