デジモノ達人

PCやスマホなどデジタルな情報を気ままにご紹介!

GPUを使ったモネロ(Monero:XMR)のマイニング方法

2017/10/02

2017年後半から話題になることが増えてきたモネロ(Monero:XMR)。
XMRは仮想通貨市場で世界第五位の市場規模を持っています。
ワンタイムリング署名と呼ばれる高い匿名性技術をXMRでは採用。
取引履歴がほぼ追跡不可能であることが特徴の仮想通貨になります。
今回は最近話題になりつつあるXMRをマイニングする方法をご紹介します。

GPUを使ったモネロ(Monero:XMR)のマイニング方法

当サイトでは何度もイーサリアム(ETH)のマイニング方法をご紹介してきました。
イーサリアムのマイニングにおいてはDual Miningと呼ばれる2つの仮想通貨をマイニングする手法があります。
通常は1つの仮想通貨をマイニングするのが一般的であり、Dual Miningはお得感のあるマイニング手法です。
しかし、このDual Miningよりも最近はモネロのマイニングの方が効率が良いのでは?と海外で話題になっています。

XMRのマイニングが話題になったのは、Radeon RX VEGAの最適化によって低消費電力でマイニングができる事が大きな要因です。
XMRのマイニングの特徴としては...

  1. XMRのマイニングはETHより消費電力が低い(電気代がお得)
  2. XMRの価格が高騰している
  3. ETHの価格が低迷している

XMRのマイニングはETHのマイニングよりもGPUが使う消費電力が低いので電気代が安くなります。
先進国の中でも日本は電気代が比較的高い部類に入りますが、消費電力が低いXMRのマイニングはとても助かります。

電気代にもXMRのマイニングで有利として考えられるのが、2017年下半期からXMRの価格が高騰した点です。
XMRは2017年上半期までは1XMR=4,000円前後でしたが、最近は1XMR=1万円前後で取引されています。
XMRの価格高騰によりマイニングして得られる報酬額が跳ね上がり、海外などでXMRのマイニングが注目されはじめました。

その他にはイーサリアム(ETH)が2017年9月上旬からやや下落局面に入っており、マイニングするのには不利な状況が続いています。
このような要因がXMRのマイニングに有利に働き、イーサリアムのマイニングと比較しても効率が良いと考えられ始めています。

モネロ(Monero:XMR)のマイニングで必要なもの

XMRのマイニングはCPUやGPUを使ったマイニングが可能です。
1つのPCに対してCPUは1つが一般的なので、マイニングをする場合はGPUを複数枚使うのが良いでしょう。
マイニングに必要なのは下記の通りです。

OSWindows 7, 10 64bit版
GPURadeon RX VEGA 64/56
Radeon RX 580/570
GeForce GTX 1060/1070/1080
掘削機(ソフトウェア)Claymore’s CryptoNote GPU Miner
プール(サイト)suprnova
ウォレット(お財布)coincheck, bitFlyer, poloniex

最も大事なのはGPUになります。効率を求める場合はRadeon RX VEGA 64/56が必要です。
特に最高率なのはRadeon RX VEGA 56の消費電力を抑えつつ行うXMRのマイニングです。
残念ながら筆者はRadeon RX VEGA 64/56を持ってないので、今回のマイニング記事ではRadeon RX580 8GBを使っています。
今後XMRのマイニングが主流になるのであればRadeon RX VEGA 56を買おうかと悩んでいます...

なお、GPUを除くマイニングのパーツに関しては低価格でコストパフォーマンスを追求しましょう。
下記の記事にてコストパフォーマンスに優れたマイニングに必要なパーツを紹介しています。

【2017年度版】Amazonで購入可能なマイニング向けライザーケーブル・マザーボード一覧

【2017年度版】コストパフォーマンスに優れたマイニングPCを作ろう

手順その1:ウォレットの準備

マイニングでは報酬を受け取るお財布が必要になります。
マイニング報酬の受け皿となるウォレットは必ず準備しましょう。

XMRのウォレットは一番簡単なのがCoincheckでアカウントを作ることだと思います。
CoincheckではXMRの取引が可能であり、ウォレットの作成も可能です。
Coincheckは日本の取引所なので全て日本語対応なので困ることもないでしょう。

coincheckの公式サイトは下記のURLからアクセス可能です。
また、coincheckに関しての情報・登録に関しては下記の記事をご参考にして下さい。

coincheck [公式サイト]

ビットコインを簡単に取引可能なCoincheckの登録方法

Coincheckでのウォレットコードの確認

Coincheckのアカウント登録が出来ればXMRのウォレットを作るのはとても簡単です。
まずはログインして左側のメニューから『コインを受け取る』をクリックします。

次に『Monero入金用アドレス』を探して『アドレスを作成』をクリックします。
これでMonero(XMR)用のウォレットが完成します。
アドレスが完成すると英数字が並ぶウォレットコードが完成します。

なお、CoincheckではXMR以外にもウォレットが作成可能です。
ETHやBTCのウォレットも準備可能です。
下記はCoincheckが2017年9月末時点で取り扱っている仮想通貨とその値段です。

手順その2:XMRのマイニング(AMD Radeon)

さて、具体的なXMRのマイニング方法を紹介していきます。
まずは掘削機のダウンロードが必要になります。
今回使うのはClaymore’s CryptoNote GPU Minerです。
AMD Radeon系GPUでXMRのマイニングをする場合はこのソフトウェアが一番普及しています。
なお、NVIDIA GeForce系では使えないので注意して下さい。

Claymore’s CryptoNote GPU Miner 9.7 [公式サイト]

『Link』か『Mirror』のURLからダウンロードしましょう。

手順その3:Poolの登録

マイニングには2つのマイニング方法があります。
1つはプールマイニングと言う、皆でマイニング作業を行い報酬を受け取ります。
報酬はマイニングの作業量(ハッシュレート)に依存しており、作業量が多いほど報酬が増えます。
もう1つはソロマイニングと言う、単独でマイニング作業を行い報酬を独占します。
ソロマイニングは報酬を独占的に手に入れる事が可能ですが、マイニング報酬がとても不安定です。

一般的なマイニング方法はプールマイニングになります。私もプールマイニングで毎日報酬を受け取っています。
プールマイニングを行うには、皆でマイニング作業が可能なプールサイトが必要になります。
今回はsuprnovaと言うプールサイトを使います。
なお、suprnovaはXMR以外にも様々なプールマイニング可能な場所を提供しています。
登録制のプールサイトなのですが、一旦登録すればどのプールマイニングでも同じアカウントが使えます。
とても便利なのでsuprnovaを利用するのがオススメです。

xmr.suprnova.cc [公式サイト]

suprnovaの登録方法

アカウント登録は左側のメニューから『Other』→『Sign Up』から登録可能です。
Usernameはマイニング時に必要になりますので登録したら忘れないでおきましょう。
PINはアカウントの登録情報を編集する時に使いますので忘れないように!

アカウントの編集

アカウントの登録が完了したらアカウント情報の編集を行います。
suprnovaにログインしてメニューから『My Account』→『Edit Account』に進みます。
Payment AddressにXMRのウォレットコードを入力します。
ウォレットコードは、例えばCoincheckでさきほど作成したXMRのウォレットの英数字を意味します。
CoincheckからウォレットコードをコピーしてPayment Addressに貼り付けましょう。

次にAutomatic Payout Thresholdを変更します。
これは指定した数字に達した場合にマイニング報酬を自動的にウォレットに送金します。
例えば0.1と指定した場合はマイニング報酬が0.1XMRに達した時点でウォレットに送金します。
なお、送金時には手数料が発生するのである程度大きめの数値を指定するのが良いです。
例えば1XMR~5XMRが良いかと思います。

変更が終わったら『4 Digit PIN』にPINコードを入力して『Update Account』を押します。
これでアカウントの編集は完了します。

ワーカーの登録

アカウントの編集が完了したら、ワーカーの登録を行います。
ワーカーの登録を行うことで各マイニングPCのハッシュレートと状況をWebサイト上で把握出来ます。
ワーカーはマイニングPCの台数だけ登録しておきましょう。

メニューの『My Account』→『My Workers』に移動します。
『ADD NEW WORKER』の『Worker Name』『Worker Password』にワーカー名・パスワードを入力します。
ワーカー名は適当で良いです。Rig1やRig2などで良いでしょう。パスワードも適当でOKです。
只、このパスワードはワーカーの管理に使うのと、後述する設定ファイルにも記述します。
最低でも4桁前後のパスワードにしましょう。

手順その4:マイニングをしてみる

手順通りに行けばウォレット・掘削機・プールの準備が完了します。
マイニングの下準備は完了しましたので、さっそくマイニングをしてみましょう。
先程ダウンロードしたClaymore’s CryptoNote GPU Minerのフォルダに『XMR.bat』と言うbatファイルを用意します。
ファイル内容は下記の内容を記述します。

Usernameはsuprnovaで設定したアカウント名(Username)を入力。
Workernameはワーカー設定で使ったWorker Nameを入力。
Workerpasswordはワーカー設定で使ったWorker Passwordを入力します。

例えば下記のようなアカウトがあったとしましょう。

Username: Dejimono
Worker Name: Rig1
Worker Password: dejirig1

上記のような場合、batファイルには下記のように記述します。

これで設定ファイルは完了。後はbatファイルをクリックして起動させれば動作が開始されます。

手順その5:プールからウォレットへの払い出し

マイニングが無事に成功すれば後はひたすらマイニングを続けていきます。
マイニングの状況はsuprnovaのダッシュボードから確認が可能です。

ETH+DCR(Dual Mining)とXMRの比較

さて、XMRのマイニングについてはこれで終わりです。
ここからは他のマイニングとの比較をご紹介します。
XMRのマイニングが本当に優れているのか簡単なテストをしてみました。
今回使ったのはRadeon RX580 8GB 2枚です。

ETH+DCRとXMRの比較:消費電力

XMRのマイニング(消費電力)

Radeon RX 580 8GBを2枚使っているマイニングPCはいつもETH + DCRのマイニングをしています。
今回のテストにあたりETH + DCRのDual Miningを一旦中止してXMRをマイニングしてみました。
結果としてはETH + DCRでは330Wだった消費電力がXMRでは260Wまで下がりました。
消費電力は約2割程度下がっており、XMRのマイニングで電気代はお得なのは本当です。

ETH+DCRとXMRの比較:ハッシュレート

XMRのマイニング(ハッシュレート)

次にハッシュレートについて考えます。
ETH+DCRのDual Miningでは1GPUがETH 25Mh/s + DCR 760Mh/sでした。
XMRのマイニングでは2GPUでXMR 1293H/s。1GPUがXMR 646.5H/sでした。

2017年9月時点のマイニング報酬の比較をした場合...

  • ETH+DCRのマイニング報酬は月4,730円。電気代は3,100円前後
  • XMRのマイニング報酬は月4,040円。電気代は2,000円前後

マイニング報酬を考えるとETH+DCRの方が上ですが、電気代が高いです。
XMRはマイニング報酬がETH+DCRに比べて2割程度低いですが、電気代が安いです。
トータルコストを考えた場合、XMRのマイニングの方が有利だと分かります。

おまけ:デジモノ達人がXMRのマイニングをフルでした場合...

今回の実験ではRadeon RX580 8GB版を2台のみ使いましたが、デジモノ達人が用意している全てのGPUを使った場合をご紹介します。

デジモノ達人で保有している全てのGPUでXMRのマイニングをした場合のハッシュレートは34,320H/s(34.32KH/s)でした。
このハッシュレートを1ヶ月維持した場合のマイニング報酬は毎月20万円~30万円となります。

GPUの台数は全部数えるのが面倒くさいのですが、Radeon RX 580 8GB版とRadeon Pro Duoが大体30台ぐらいあります。
今後はRadeon RX VEGAの購入を検討していく予定です。

まとめ

XMRのマイニングは2017年前半からやや話題になっていました。
只、ETHのマイニングの方が効率が良い事が大々的に話題となり、マイニングブームとなったのはやはりETHが大きいかなと思います。
現在ETHは価格やdiffの状況を見ているとマイニングは厳しい状況になりつつあります。
BTCのように明確な半減期がある訳ではありませんが、ETHのマイニング報酬は着実に減りつつあります。

今回試してみて思いましたが、2017年9月時点ではMonero(XMR)のマイニングは効率が良いです。
ETHがマイニングの選択肢から外れた場合はXMRのマイニングは一つのトレンドとも考えられます。

自分でマイニングするのが難しい人にはクラウドマイニングがオススメ

この記事を参考にマイニングPCを用意出来る人もいれば、『ちょっと難しそうだな』と思う人もいるでしょう。
もしマイニングPCを準備したりするのが難しいのであればクラウドマイニングを行うのも一つの手段です。
クラウドマイニングは、海外に設置したマイニングPCにマイニングを代行してもらうサービスです。
自分でマイニング環境を準備するより費用が掛かりますが、電気代が掛からないメリットがあります。
クラウドマイニングでマイニングの入門をするのも一つの選択肢だと思います。
実際に筆者もBTCのマイニングなどはクラウドマイニングを行っています。
ご興味がある方はクラウドマイニングで有名な会社『Genesis Mining』の利用方法を下記の記事にてまとめています。

Genesis Miningでクラウドマイニングをしてみよう

皆さんへ管理人からのお願い

皆さんへ管理人からのお願い

このサイトは皆さんに無料で有益な情報をご提供しています。
時にはお金を使って有益な情報を提供をしています。
その他にも、サイト維持費として毎月数千円が掛かっています。
今後も皆さんに有益な情報を提供する為にほんのわずかなご寄付をお待ちしております。
ご寄付は下記のウォレットコードにお送り下さい。

BTC:1H3g4b1E4kzWKPSTsCBvx6gwHVXXudYzfM

ETH:0x36bda176d406de0ba6251ec810724b07b4f24576

また、下記のバナーを押して貰えると助かりますm(_ _)m

-モネロ(XMR), 仮想通貨
-, , ,